US food regulator bans Malaysian shrimp exporters over illegal antibiotics use

ブルネイ情報

Google翻訳そのままですが、載せておきますね。

1月4日、クアラルンプール-米国食品医薬品局(USFDA)は、出荷中に違法な抗生物質の痕跡を発見したため、一部のマレーシアのエビ輸出業者を禁止しましたが、汚染された養殖エビは、地元のウェットマーケットでまだ販売されています。 英語の毎日The Starは、2018年に11の輸出業者からの18のエビ出荷サンプルにクロラムフェニコールの痕跡が含まれていることが判明した後、2019年以降、多くのマレーシアのエビ輸出業者がUSFDAのレッドリストに載せられていると報告しました。 56件の出荷にニトロフランのサンプルが含まれていることが判明した2009年から2018年のレッドリスト。 ペナンは最も多くの禁止された輸出業者に登録しており、そのうち27人がそこに拠点を置いています。 専門家によると、2つの抗生物質の残留物は発がん性があるとのことです。 クロラムフェニコールは、まれに深刻な骨髄不全を引き起こし、赤血球と白血球と血小板を産生できなくなります。

まぁ要するにマレーシアのエビに禁止されている抗生物質が使われたのでアメリカがマレーシアからの養殖エビの輸入禁止にしたという事ですね。

引用元はこちら

US food regulator bans Malaysian shrimp exporters over illegal antibiotics use | Malay Mail
KUALA LUMPUR, Jan 4 ― The United States’ Food and Drug Administration (USFDA) has banned some Malaysian shrimp exporters after finding traces of illegal antibio...
タイトルとURLをコピーしました